注目キーワード

ジャグラーの勝ち方【夜】

ジャグラーの勝ち方夜

夜からのジャグラーの勝ち方

夜からのジャグラー実践が一番安定して高設定のジャグラーに辿り着きやすい時間であり、その反面、打てる台と打てない台がハッキリしている時間帯です。

そんな夜から実践するジャグラーの勝ち方を解説していこうと思います。

ジャグラー高設定が丸見え

夜からのジャグラー実践は、台の総回転数がだいたい3000ゲーム~6000ゲームとある程度回されている台からのジャグラー実践になります。

そこで台のデータカウンターを見るだけである程度のジャグラー設定を推測することが可能です。

ですが、ジャグラー高設定は、すで打っている人がいる可能性が高いです。

では、どうやってジャグラーで勝つのかを3点お話しします。

見に回れ

夜から打つ際に注意しなくてはいけない事、それは閉店時間です。

20時~打つ場合、終了するリミットは大体どこのお店でも22:45までではないでしょうか?

その中でジャグラー高設定が空いてないがために、闇雲に台を選び投資ばかり増えていき、閉店時間になって負けてしまうというパターンが容易に想像できます。

ですので、【見】に回りましょう。

【見】とは、台を打たず周りを見ていい台がないかを探す行動を指します。

ひたすらジャグラー高設定が空いてるのを探すのです。

これでジャグラー投資金額が増えず、ローリスクでジャグラー高設定に辿り着けます

ベガ立ちで待て

ベガ立ちとは、ストリートファイターのキャラベガのように腕を組み、立っている事です。

そうです、ひたすら高設定ジャグラーの近くにいて、空くのを待ちましょう。

これで先程の見の応用にはなりますが、ローリスクでジャグラー高設定に座れます。

しかし、通路の真ん中で立ち止まったり、その台打ってる人の後にずっと張り付くなど人の迷惑になるようなことはダメです。

なので、通路端や少し離れたところなどで邪魔にならないようにしましょう。

下手をしたら出禁になってしまうので注意してやってみてください。

見切りが早い台を狙う

上記の2点は少し邪道なところがありますので、こちらはオーソドックスなジャグラーの立ち回りになります

見切りが早いとは、何かしらの理由で早めに止められている台狙います。

止めるという事は、ジャグラー高設定の要素が少ないので、ケガしないうちに早めに止めようというので捨てられる台があります。

ですが、逆に言えばまだ、ジャグラー高設定の要素があるのであれば希望あります

このケースで捨てられる台は大体、レギュラーボーナスが先行しており、ボーナス合算は良いが出玉が付いてきていない台が殆どです。

こういった台は、いつ出るのかわからない、負けていてさらに負ける可能性があると前任者は止めてい事が多々あります。

なのでこちらは待つ労力が少なく、ジャグラーで勝てる可能性のある立ち回りになっております。

夜のジャグラーの勝ち方は闇雲に打たない事

前述でも述べた通り、夜からのジャグラー実践は時間がありません。

そんな中、投資金額が増えていくとジャグラーといえでも瞬発力が足りません。

ジャグラー高設定であると強い感触がない限りは打たないことがベストかもしれません。

ですが、閉店までずっと粘るなんてパチプロか大学生くらいしかおりません。

なので、夜は待つことで確実にジャグラー高設定を座るのが一番固いジャグラーの勝ち方になります。

ぜひ、あなたも夜からのジャグラーを打つ際の参考にして夜からのジャグラーで勝てるようにしてください。

ちなみに、時間帯別でもジャグラーの勝ち方をまとめたので下記の記事でジャグラーの勝ち方を勉強してください。

朝一からのジャグラーの勝ち方

昼からのジャグラーの勝ち方

夕方からのジャグラーの勝ち方

【最新版】ジャグラーの勝ち方マニュアル