注目キーワード

ジャグラー勝つ人と勝てない人の3つの特徴

今回は、ジャグラーにおいて勝てる人と勝てない人の違いについて説明していこうと思います。

ジャグラーで勝てない人には理由がある

まず、ジャグラーで勝てない人の3つの特徴について説明します。

ジャグラーで勝てない人の3つの特徴

  1. ジャグラー設定を気にしない
  2. お店を選ばない
  3. その日収支で勝ち負けを気にする

上記の3つが、ジャグラーで勝てない人の特徴になります。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.ジャグラー設定を気にしない

ジャグラーで勝てない人の1つ目の特徴が、ジャグラーの設定を気にしないことです。

まず、下記のアイムジャグラーEXの設定一覧表をご覧ください。

上の画像から各設定の数値がありますが、ここで注目していただきたいのが「機械割」です。

機械割とは、OUT枚数÷IN枚数×100の式により割り出される出玉率になります。

簡単に言うと、いくら入れたらいくら戻ってくるかがわかる数値です。

上の画像を見てみると、アイムジャグラーEX設定1の数値が95.85%で設定6が105.16%と書かれています。

アイムジャグラーEX設定1のジャグラーを8,000ゲーム回したらと仮定してみると、IN枚数が8000×3=24000枚でそこからOUT枚数を計算すると24000×0.9585=23,659になります。

なので、アイムジャグラーEX設定1を8,000ゲーム回すと大体-341枚負けることがわかります。

同様にアイムジャグラーEX設定6の場合だと同じ計算をしたときに、OUT枚数は25,238になり大体1,238枚プラスになることがわかります。

ですので、ジャグラー低設定を打ち続ける事は必然と負けてしまうという事なのです。

2.お店を選ばない

ジャグラーで勝てない人の2つ目の特徴は、ジャグラー高設定があるお店で稼働していないということです。

単純な話で、ジャグラーで勝つためには、ジャグラー高設定に座らないといけないわけで、ジャグラー高設定のない店に打ちに行っても必然と負けてしまうと言うことです。

なので、お店を選ぶ理由が、近いからとか人がいなくて居心地がいいからなどは、ジャグラーで勝てない人の特徴になります。

3.その日のジャグラー収支で勝ち負けを気にする

ジャグラーで勝てない人の3つ目の特徴はl、ジャグラーを打った時の「収支」をつけいないことです。

いくら勝ったか、いくら負けたかなんて長くても1週間くらいしか覚えてられません。

「収支」を付けていないことが続くといくら勝ったか負けたか、あやふやになりあまり勝つ事を気にしなくなってしまいます。

ですので、その日負けてしまっても次の日にはまた、ジャグラーで勝てるかもしれないと根拠のない考え方でジャグラーに臨んでいるので勝てない人になってしまいます。

ジャグラーで勝つ人になるには

ここからは、ジャグラーで勝つ人になるためには何をすればいいのかを説明します。

簡単に言えば、ジャグラーで勝つにはジャグラーで勝てない人の理由の3点と逆の事すれば良いわけです。

ジャグラーで勝つ人の3つの特徴

  1. ジャグラー高設定を選ぶ
  2. ジャグラー高設定のある店を選ぶ
  3. ジャグラー収支をつける

ジャグラーは高設定を選ばないと勝てませんし、ジャグラー高設定があるお店に行かないと打てません。

そして、ジャグラー収支をつける事で、勝も負けもはっきり明確にして長い期間でのサンプルで勝ち負けが見えてくるでしょう。

そのジャグラー収支によって、勝つか負けるかの判断がシビアになり台の見切りや選択で勝ちを積み重ねて行くことで、ジャグラーで勝てる人になるのです。

すべてやるにはかなりの努力が必要になります。

なので、ジャグラーで勝つ人の特徴を一言で言うならば、ジャグラーで勝つために努力ができる人です。

ジャグラーで勝つ人になるためには努力が必要

ジャグラーで勝つ人は共通して勝つための努力をしています。

その点から見て、ジャグラーで勝てない人は努力を怠り勝てればいいやと軽い気持ちで打っている方が大半です。

なので、あなたもジャグラーで勝てる人になるためにジャグラーで勝つ努力をしてみてはいかがでしょうか?

今回の記事がジャグラーで勝つためのヒントの参考になれば幸いです。