注目キーワード

【ジャグラープロ解説】ジャグラーの当たりやすい打ち方について紹介

今回はジャグラーを打つ上で、当たりやすい打ち方を紹介しようと思います。

まず、ジャグラーの当たりやすい打ち方とは、当たりやすいと思っているだけで必ずしも当たる訳ではありませんのあしからず。

ジャグラーの当たりやすい打ち方=オカルト打法

ジャグラー当たりやすい打ち方とは、経験則から来る未来予知に似た思考からなる打法、つまりは、オカルトを屈指してジャグラーを打つということです。

自分なりのジャグラーオカルト打法を5点紹介致します。

ジャグラーオカルト打法

  1. ゾーン打法
  2. 無心打法
  3. ネジネジ打法
  4. ランプ隠し打法
  5. 乱数調整打法

上記の5点が私の考えるオカルト打法になります。

1.ゾーン打法

ゾーン打法とは、ジャグラーのゲーム数のある区間を狙って打つことです。

0~100ゲームは連荘ゾーンといい連荘する可能性が高い事から当たりやすいゾーンです。

200~256ゲームは合算確率の2倍ハマりのゾーンで2倍ハマりで当たる可能性が数値的に70%あるゾーンです。

800ゲーム以上はハマりゾーンでいつ当たってもおかしくないゾーンです。

このように、様々なゾーンがありますので臨機応変に立ち回りに対応できます。

2.無心打法

無心打法は簡単で、ふとした瞬間にレバーを叩いたらぺカるという打ち方です。

例えば、なかなか当たらない時にぼーっとしてレバー叩いたらなど、無意識になることで雑念がなくなり当たるという事です。

3.ネジネジ打法

これはかなり一般的なんではないでしょうか?

ジャグラーの第3停止を離さずネジることでぺカるという打ち方です。

根拠はありません(笑)

4.ランプ隠し打法

こちらは、無心打法に近いかもしれませんが、ジャグラーのリールに集中することで当たりやすくなるという事です。

また、GOGOランプを隠す事でランプが光をより強調したくなり、当たりだすという効果もあります。

もう一点良い利点としては、マイジャグラーのように自分だけ当たっているのを楽しめます。

5.乱数調整打法

こちらは、ジャグラーの当たりが発生しやすい乱数に合わせてタイミングをとり、当たりを狙う打法です。

例えば、毎ゲームごとに当たりのタイミングを測り、ゆっくり打ったりペースを早めたりと様々な試行を繰り返すことで当たりを狙います。

昔、パチンコでよく使われていた打法でもあります。

これは相当の訓練を積まないと習得できません。

⚠️現在は、ジャグラーの乱数生成方法はジャグラー4号機とは異なるので乱数をタイミングを合わせてジャグラーのあたりを狙うのは不可能です。

ジャグラーのオカルトは存在する

ジャグラーピエロ

ジャグラーのオカルト打法を紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

オカルトは信じる人にしか通じない打法でもありますが、結局自分で経験していないことには成功しません。

あなたもジャグラーを打っている間に自分なりのオカルト見つけてみてはいかがでしょうか